2019年7月1日制限

エンディミオンデッキ考察(対策編)

今回も前回に引き続き、エンディミオンデッキの考察です。

前回の記事では、エンディミオンデッキの特徴を紹介しましたが、今回はその対策編と銘打て、進めていきたいと思います。
強力なデッキとはいえ、何らかの弱点は付き物ですから、積極的に調べて、対策していきましょう。

エンディミオンデッキの特徴(おさらい)


エンディミオンデッキはペンデュラムと魔力カウンターの2つの要素を軸に展開していくデッキです。
それらのギミックを共有できる「魔導獣」とも相性がよく、セットでデッキに投入されることも多いです。

ギミック内ではあまり強力な先攻展開は望めないので、先攻展開の際はソフトな妨害に留めてリソースを残し、返しに「創聖魔導王エンディミオン」による除去からの制圧を狙います。

後手は「創聖魔導王エンディミオン」のスケール効果から、盤面のクリアを狙います。

エンディミオンデッキへの対策

エンディミオンデッキは魔法カードとペンデュラム要素にギミックの大半が収束しているため、それらに強いカードでの対策が可能です。

特に、エンディミオンギミックも魔導獣ギミックもスケール効果で展開を行うことが共通していることから、ペンデュラム専用の対策でなくとも十分効果があります。

サイドの枠が足りないときは、他のデッキの対策も兼ねられるカードを採用するのがよいでしょう。

魔封じの芳香


ペンデュラム黎明期から存在する、ペンデュラム殺しの1枚です。
エンディミオンデッキは、展開起点がスケール効果であるため、影響は甚大です。

また、エンディミオンデッキは、その他のペンデュラムデッキと違って、ギミック内でペンデュラム召喚を経由せずに「魔封じの芳香」に対処する方法がありません。

そのため、数あるペンデュラムデッキの中でも一際、「魔封じの芳香」に弱いと言えるでしょう。
場合によっては、この1枚に負けかねません。

幽鬼うさぎ


汎用性の高い手札誘発です。

前期は転生炎獣やサンダードラゴンなど、このカードの影響が大きくないデッキが多く、あまり活躍が見込めませんでしたが、今期はそれらのデッキが減少すると考えられるので、無理なく採用ができるでしょう。

タイフーン


こちらも、対ペンデュラムデッキで強力なカードです。

破壊できる範囲が幽鬼うさぎと若干被っていますが、こちらは

①本体が罠カードである
②チェーンを組まないカードも破壊できる

という2点で差別化が可能です。

①のメリットはPSYフレームギア・γや墓穴の指名者、神の通告といったカードをすり抜ける利点となり、②の要素は幽鬼うさぎをケアしてきた相手に裏目を引かせることができたり、エレクトラムの破壊対象を破壊して効果を不発にさせるなど、ペンデュラムデッキ相手ならではの強みが光ります。

永続罠を使用するデッキに対しては、サイクロンのように運用することも可能なので、自分のデッキが罠デッキに弱いと感じるなら、採用をオススメします。

醒めない悪夢


タイフーンが強力なメタであるように、サイクロン効果を連発できるこのカードは、エンディミオンデッキに対してはまさしく悪夢となるでしょう。
タイフーンと同様に永続魔法、罠を使用するデッキ相手に効果的なサイドカードとなるでしょう。

 

このように、魔法・罠ゾーンへの妨害を中心とした対策をとるのが効果的です。

前期は多くのデッキに対して有効であった増殖するGですが、エンディミオンデッキは増殖するGに対しては、最小限のドローで最低限の妨害を用意できるので、絶大な効果を誇るとまで言えるかは微妙なところです。

しかし、最近は、魔術師要素や守護竜要素を採用して、先攻時の展開力を底上げしている構築も現れていますから、そういった構築と遭遇した際には増殖するGも非常に頼もしいカードとなるでしょう。

エンディミオンデッキと対戦する際のポイント

エンディミオンデッキはギミックを駆使して、ペンデュラム召喚を絡めた展開をするプランと、「創聖魔導王エンディミオン」のスケール効果を通すプランの2つのプランを主体に攻めてきます。

そのため、相手のプランの本命を見極め、そこに至る道のりを意識して妨害していくのがよいでしょう。
前述の通り、スケールに触ることのできるカードは相手のプランを妨害しやすくなるので、ゲームプランを立てやすくなります。

自分の得意な方向に相手を誘導できるサイドカードを選択するのがよいでしょう。

まとめ

モンスター効果への妨害に強いエンディミオンデッキですが、その反面、魔法罠への妨害に弱いことが判明しました。

ペンデュラムデッキは基本コンボデッキなので対策がされやすく、意識されると非常に厳しいことがよくわかります。

ペンデュラムデッキを使う人はメタがされていない時期を見極めて構築をするのが理想になりそうですね。

また、メタをする側も、あまりに偏った対策はその他のデッキへのガードを下げることに繋がるので、構築のバランスを取るのが難しくなるでしょう。
大会に出る際は、どれくらいの対策が必要なのか見極める必要がありそうです。

それではまたお会いしましょう。