デッキランキング

遊戯王 環境デッキランキング(7月編)

みなさん、お久ぶりです。ATMです。
最近忙しくて更新が滞っていましたが、また再開していきたいと思います。
今回は1か月ぶりの環境デッキランキングの記事になります。

新弾である「CHAOS IMPACT」のカードも加わり、ますます面白さを増している環境ですが、どのようなデッキが活躍しているのでしょうか?
それでは、見ていきましょう。

【駿河屋】遊戯王OCGデュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY DUELISTBOX
6,200円 (税込) 新品定価より ¥2,440 安い!!

Sランク(上位入賞常連のデッキ)

ドラゴンリンク

新環境に入ってから大きく研究が進んだデッキにも関わらず、未だに完成形とされる構築が存在しておらず、日々アップデートが行われています。

展開力だけでなく、チューニングのしやすさもあり、メタとしてハンデス要素を取り込んだものや、ミラーマッチを意識して過剰な展開を行う要素を排し、誘発を採用する型など、使用者の好みや環境の変化に合わせた構築ができるのが強さの秘訣でしょう。

新弾収録の「輝光竜セイファート」がどのような影響を与えるのかも楽しみです。

閃刀姫

ドラゴンリンクと並ぶ今期の2トップデッキです。
あちらと違って、1年半以上環境に存在し、研究がされつくされているにも関わらず、安定したパフォーマンスを発揮していることから、地力の高さが伺えます。

強力な展開力を誇るドラゴンリンクの対抗馬であり、誘発を大量に採用しつつも自分の動きを損なわない強さが環境にマッチしている理由と考えられます。

Aランク(上位入賞報告が一定数存在するデッキ)

転生炎獣

制限改訂で弱体化した前期王者です。

ギミックの根幹が大幅に規制を受けたため、環境残留は不可能かと考えていましたが、誘発を大量に採用できるという利点は損なわれておらず、その利点を活かして徐々に入賞報告が増えてきています。

転生炎獣ガゼル、レディ・デバッガーといったメインギミックに繋がるカードは減少しましたが、浮いた召喚権を有効利用できる「フレイム・バッファロー」を新たドローソースに取り込み安定性の改善を狙っています。

このデッキが今後も安定して環境に残留できるのかは非常に興味深いところですね。

サンダードラゴン

前環境から引き続き環境で活躍しています。

「超雷竜‐サンダードラゴン」による制圧力は健在であり、環境に存在するデッキの多くはサーチ効果を多用するので強みは失われていないのが伺えます。

サブテラー

サブテラーの導師を起点に、単体で使いやすいカードを集めたグッドスタッフ寄りの罠ビートデッキです。

サブテラーの導師、地中界シャンバラといった特定のカードに依存する偏差デッキですが、ハマった時の強さは環境随一です。

セフィラ

強力な先攻展開と、後手からのワンショットルートをそれぞれ高い水準で備えた環境でも異色のデッキです。

採用できる誘発が少数精鋭であるため、ドラゴンリンクの先攻展開を通してしまいがちであり、特に先攻ハンデスに弱いという欠点を持ちます。

それらの対面はしばしば先攻ゲーの様相を呈していますが、裏を返せば環境最強クラスのデッキでさえも、安定して先攻ゲーの土俵に乗せることができるパワーを持っているといえるでしょう。

 

Bランク(上位入賞が十分狙えるデッキ)

オルターガイスト

環境初期は多かったオルターガイストですが、最近は入賞率が控えめになってきている印象です。

トップメタである閃刀姫に不利である点、元々有利だった低速デッキ全般がドラゴンリンクに駆逐されつつある点から、仮想敵を失ってしまったのではないか、という考察をしています。

環境が固まってからが本領のデッキなので、ここからの巻き返しに期待したいところ。

魔術師

昔から存在し、度重なる規制を受けてきたデッキですが、未だに環境に存在するだけのパワーは残っています。

ドラゴンリンクの存在で手札誘発が増量されている現状は向かい風でしょうか?

エンディミオン

主に低速なデッキに対して強いペンデュラムデッキです。

誘発の受けもそこそこ強いデッキですが、採用できる誘発の数が少ない割に、完成された盤面を捲りの手段が「創世魔道王エンディミオン」のスケール効果に依存するため、相手によっては後手からは何もできずに負けてしまうことも。

後手の弱さを改善できたなら、もう少し環境で活躍できるかも。

まとめ

閃刀姫とドラゴンリンクが抜けて強い環境になっていますが、その他のデッキにも全くチャンスがないわけではない環境といえるでしょう。

2トップのデッキの方向性が完全に違うので、両方をバランスよく対策して構築するのは難しいです。
そのため、自分のデッキの強みを押し出すことを一番に意識して、各デッキの本格的な対策はサイド後に行うことが、勝率を底上げすることに繋がる環境に思えますね。

それでは、また、お会いしましょう。

 

 

 

YU-GI-OH! OCG 20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX (愛蔵版 コミックス)予約