イベント紹介

遊戯王WCS2019セレブレーションイベント情報まとめ

今回は遊戯王WCS2019のセレブレーションイベントに関する情報記事です。
今後も情報が出る度にどんどん追記していきたいと思います。

WCSセレブレーションイベントとは

毎年WCS(遊戯王の世界大会)に合わせて開催されるイベントです。

世界大会に合わせたレギュレーション(制限リスト)で試合が行われるため、普段とは違った環境での試合を楽しむことができます。
日本代表の気持ちを味わいながら参加できる粋なイベントです。

また、イベントで優勝すればプロモカードをゲットできます。

優勝賞品

優勝者にはミレニアムシークレットレア仕様のプロモカード2枚が贈呈されます。

こららは、「WCS2019来場記念カードセット」とのことで、会場に行けばもらえる可能性はありますが、例年かなりの競争率を誇っているので非常に貴重なものと言えそうです。
この機会に是非、手に入れたいですね.

参加資格

コナミカードゲームIDを取得していることが唯一の参加への条件となっており、事前にKONAMI IDへの会員登録・及び個人情報の登録が必須となります。

普段、公認大会に参加している方は問題なくそのまま参加できますね。

参加費も無料ですし、大会に参加したことがないという方も、これを機にカードゲームIDを作って参加してみるのもおすすめです。

世界大会制限(レギュレーション)について

世界大会制限とは?

普段の遊戯王は日本と海外では禁止制限の内容が違います
そのため、日本には日本の、海外には海外独自の制限に合わせたデッキや戦術が存在します。

しかし、世界大会では各国からプレイヤーが集まるため、禁止制限リストを統一しなければいけません。
そのため、2種類の禁止リストを抱き合わせた専用のリストが作成されます。
これが、世界大会制限と呼ばれるものです。

こうして作成されたリストは、規制の厳しい側に合わせて制限指定が行われることになっています。
一例を挙げるなら、日本では無制限の「増殖するG」ですが、海外では禁止になっているので、世界大会制限では禁止となります。

海外未発売のカードに注意

また、日本では発売済みのカードでも、特定の国で未発売のカードは禁止扱いとなります。
日本人としては馴染み深い1枚である「水晶機巧‐ハリファイバー」などの強力なカードも、海外未発売のため禁止となっています。

特に書籍付録になったカードは海外での収録が遅れる傾向にあるので、それらのカードの使用を検討する際には、念入りにリストを確認しましょう。

日本との違いは?

日本との違いをまとめてみました。
気になる方はチェックしていってください。

遊戯王世界大会のリミットレギュレーションと日本との違いまとめ今回は8月に開催されるセレブレーションイベントに備えて、世界大会のリミットレギュレーションと日本のそれを比較していきたいと思います。 ...

まとめ

専用のレギュレーションなど、少し複雑な部分もありますが、それを補って余りあるほどのリターンがあるイベントと言えそうです。

今後は世界大会用の情報も発信していく予定なので、是非一緒に楽しんでいきましょう。

公式リンク

イベント詳細

https://www.yugioh-card.com/japan/event/wcs_celebration/

リミットレギュレーション [WCS2019]

https://www.yugioh-card.com/japan/event/wcs_celebration/limitregulation.php