2019年7月1日制限

【遊戯王】オルターガイストデッキ解説【2019/7/1環境】

今回はオルターガイストデッキの紹介、解説記事になります。

ここ数年環境に存在し続けている人気デッキの一つで大型大会では見かけない方が珍しいといえるほどです。
そのため、オルターガイストをよく知らないという方でもこれを機に知ってもらえるように、分かりやすく解説していこうと思います。

オルターガイストデッキの特徴

「オルターガイスト」というテーマカードと強力な罠カードを主軸に戦うコントロール寄りのビートダウンデッキです。

単体で優秀な効果を持つオルターガイストカード達がアドバンテージ獲得を担当し、それらを「神の宣告」「神の警告」といった優秀な罠カードでバックアップして戦います。

デッキが回りきってしまえばギミック内で無限に妨害を増やすことができ、リソース勝負で負けなくなります。
また、罠カードを多く採用しているため、先攻を取れたなら殆どの相手に有利に立ち回れるのは、明確な強みと言えるでしょう。

その性質から後攻時の試合運びに難があると言われがちですが、「オルターガイスト・メリュシーク」の捲り能力は高くアクセスするだけでかなりの突破力を誇ります。
また、他の罠デッキと比較した際に多めの手札誘発を採用できることから、先攻を取れないと勝てないデッキというわけではなく、先攻でより強いデッキとする方が正しいと言えるでしょう。

総じて、パワーが高く、罠デッキの王と呼べる存在です。

オルターガイストのキーカード(モンスター編)

オルターガイスト・マルチフェイカー

デッキの展開、妨害、リソース確保の全てに繋がるデッキ内最重要カードです。

罠カードの発動処理後に手札から特殊召喚できる効果と、特殊召喚時にデッキから任意の「オルターガイスト」モンスターをリクルートする効果を持ちます。

この効果で妨害用のカードをリクルートすることで、相手ターン中に展開、妨害を行うことが可能です。
リクルート先の筆頭はマルチフェイカーを手札に回収しつつ妨害を行えるシルキタスですが、リソース確保や展開補助を行う場合は、その他のカードをリクルートする場合もあります。

特に無限泡影とのコンボが強力で、全盛期は相手の先攻1ターン目から妨害をしつつ展開も行えるこのカードは非常に脅威的でした。
制限カードなので大切に使いましょう。

オルターガイスト・メリュシーク


除去能力と後続のサーチ能力を併せ持つパワーカードであり、デッキの切込み隊長的存在。先攻時はリンク1に変換してマルチフェイカーをサーチでき、後攻時は捲りに貢献します。

除去能力は条件の緩さとは裏腹に、ダメージ計算時に発動する墓地送りと対処がしにくい凶悪なものであり、殆どのカードを一方的に除去できます。

また、緩い条件でサーチ効果を使用できるのは魅力的であり、除去として運用しつつも、相手からの妨害を受けた場合はマルチフェイカーに変換できるため、総じて少ないリスクで相手にカードの消費をせまれるのが強みです。

オルターガイスト・シルキタス

バウンス効果と墓地の専用罠を回収する効果を持ち、主にマルチフェイカーからリクルートできる妨害要員として活躍します。

バウンス効果はコストとして「オルターガイスト」カードを回収するので、効果が成立するかどうかに関わらず、カードを回収することができます。
これを利用して、制限カードのマルチフェイカーを中心とする主力カードを回収し、回収したカードを使いまわして毎ターンアドバンテージを取っていくのが、このデッキの基本的な動きです。

オルターガイスト・マリオネッター

召喚時にデッキから専用罠(後述)をセットする効果と、コストを払って「オルターガイスト」モンスターを蘇生する効果を持ちデッキ内最高打点を誇るアタッカー。

メリュシークと並んで召喚権を使いたいモンスターであり、デッキに安定性をもたらしますが、召喚権の被りや環境のスピードを考慮して枚数が調整される傾向にあります。

蘇生したモンスターには一切の縛りが存在しないので、メリュシークを蘇生しての除去や、マルチフェイカーを蘇生して追加の展開を行うなど、非常に柔軟な使い方が可能です。

オルターガイスト・ヘクスティア

魔法罠の無効効果と打点アップ効果、サーチ効果の3つの効果を持つオルターガイスト専用のリンクモンスターです。

非力なオルターガイストモンスターの中で高い打点を作れる貴重な存在であり、ヘクスティア(1500)+マリオネッター(1600)だけで3100の打点を作ることができるほか、ヘクスティア同士をつなぎ合わせるように展開することで爆発的に火力を出すことも可能です。

また、打点だけでなく、魔法罠へのカウンター効果はメインデッキでは対応できない部分をエクストラデッキから補う効果なので非常に重要です。

後続をサーチする効果も各種コストに充てた際にリソースが切れないので非常に頼もしく非の打ちどころのないカードといえます。

オルターガイストのキーカード(魔法、罠編)

強欲で金満な壺

オルターガイストはエクストラデッキに依存せずにメインデッキだけでもギミックを回せるデッキなので、問題なく採用が可能です。
また、メリュシークを変換するためのリンク1と、ヘクスティアが1枚残れば十分なので、2枚目以降も積極的に発動できます。

スケープゴートを採用する場合は不採用となりますが、現状はギミックを回すだけで十分勝ちにいけるので、スケープゴートの採用は必要でないと考えています。

オルターガイスト・プロトコル


シルキタスと並んでこのデッキの妨害役を担当するカードであり、主力罠1号。

コストに「オルターガイスト」カードを要求するため重く見えますが、使用済みのマテリアリゼーションを使う、メリュシークやヘクスティア、シルキタスで後続を確保するなど、の方法で比較的楽に賄えます。

また、ギミックが順調に回っていれば、殆どノーコストで発動することも可能であり、特にシルキタス+プロトコル+マテリアリゼーションのコンボが揃うと対戦相手の行動を殆ど封殺することができます。

①の効果もかなり重要であり、相手からの妨害を受けずにオルターガイストカードの効果を通していくことが可能になります。
このカードの存在から、エフェクト・ヴェーラーや無限泡影といった汎用性の高い妨害もサイド後は減らす必要が出てくるため、結果的に何もせずとも相手の妨害を減らすことができます。

オルターガイスト・マテリアリゼーション

墓地からオルターガイストモンスターを蘇生する罠であり、主力罠2号。

単純に蘇生を行うだけでなく、シルキタスとのコンボが強力で、このカードをコストにバウンスを行い、墓地に落ちたシルキタスをこのカードで回収するという動きで無限に妨害を打ち続けることができるようになります。

後半の回収効果もバック除去に弱めなオルターガイストにはありがたいリカバリー能力です。

パーソナル・スプーフィング


手札・盤面の不要なカードをオルターガイストカードに変換できます。
「オルターガイスト」ネームこそ持ちませんが、立派な主力カードです。

このカードの「カードの発動時」と同じタイミングで効果も適用してマルチフェイカーをサーチすると、効果の解決時にマルチフェイカーが手札に存在しているため、特殊召喚効果の発動条件を満たし、そのまま展開に移ることができます。

また、デッキに戻したカードと「同じカード」でもサーチできるのは非常に重要であり、予め盤面に存在していたマルチフェイカーを回収、サーチすることで上記の展開に入ることが可能です。

これらのテクニックはオルターガイストを使う側、使われる側の両方で意識しなければなりません。

強力な反面、永続罠であることから妨害に弱く、コストを支払った段階で除去されると大きな損害になります。
地味に準制限カード。

無限泡影


他のデッキでは少し信頼度の高い手札誘発という程度の存在ですが、このデッキでは罠カードという性質がマルチフェイカーによって非常に強化されます。

罠デッキといえど、罠の入れすぎは事故に繋がるので、採用カードが少数精鋭になりがちなオルターガイストデッキですが、その中でも相手ターンに手札から発動できるこのカードは抜群の相性です。

狙うべきゲームプラン

①メリュシークやスプーフィング経由でマルチフェイカーへのアクセスを行う。

②(主に相手ターン中に)マルチフェイカーを起点に展開を行い、妨害を行いつつアドバンテージ差を広げる。

③2種の専用罠と各種オルターガイストカードを揃えて、相手の行動をコントロールして、実質詰みの状況を作り出す。

最終的には③を達成することが主な勝利条件となりますので、それを目指してゲームを進めていきましょう。

オルターガイストの対策法

オルターガイストは質の高い展開、妨害の起点がマルチフェイカーに依存しています。

そのため、マルチフェイカーを起動させない、または、マルチフェイカーへのアクセスを妨害するのが有効な対策となります。

また、時間が経つにつれてオルターガイスト側の駒が揃っていき、不利になってしまうので、なるべく初動やその周辺を妨害することで相手の動きを制限していきましょう。

以下、主だった対策カードを列挙していきます。

レッド・リブート


罠デッキ殺し最強の1枚。
手札から発動でき、罠の発動を無効にし、その後の罠の発動を封じる効果は、罠とマルチフェイカーに妨害の殆どを依存するオルターガイストを1枚で丸裸にできます。

効果が成立したならば、そのターン中にゲームを決めることを意識した運用をしましょう。
逆にオルターガイスト側は、サイド後にリブート1枚で詰まないサイドカードを選択するのが理想です。

例としては、手札誘発を多めに採用する、墓穴の指名者や月の書といった魔法カードによる妨害を加えるなどの方法で、多角的な攻めを行うことが挙げられます。

環境でもレッドリブートを使えるデッキは多くないので、可能ならば、リブートを採用してくるデッキには専用のサイドプランを用意したいですね。

ツインツイスター他、サイクロン系統


リブートと違って、マルチフェイカーの効果起動こそ止められませんが、展開を支えるバックへの除去も非常に有効です。
特に、オルターガイストは永続罠の採用が多いので他デッキよりも強く使いやすいです。

ただ、2伏せにツインツイスターから入った際に、セットされていたプロトコルを開かれ、更にそれをコストにスプーフィングを起動、フェイカーサーチから展開といったアド損を抑える動きも存在するので、安易にバック除去から入るのも考え物です。

特にサイクロンのような単体除去カードは、プロトコルやスプーフィングの存在を感じ取れたなら温存して展開を進め、釣り出して1対2交換を狙うのも有効な戦術となります。

灰流うらら、スカルマイスター


これらは、マルチフェイカーへのアクセスを妨害するカードです。

特にメリュシーク、スプーフィングからのアクセスだけでなく、マルチフェイカーのリクルート効果も無効にできるうららは最も汎用的かつ効果的な1枚です。

スカルマイスターは3枚目以降のうららとしての運用をメインとして採用されますが、シルキタス、マテリアリゼーションの墓地効果も止められる他、相手のデッキ内最大打点であるマリオネッターの1600打点を上回る1700という打点で、いざというときにはアタッカー運用することが可能なのはうららにない利点といえます。

ダイナレスラー・パンクラトプス


みんな大好きオーバーパワーカード。

高い打点、緩い条件での特殊召喚、フリーチェーンの破壊効果と、全てが相性最悪で泣けてくるレベル。

必要ならパンクラトプスをケアした展開を行いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

使っても使われても難しいとされるオルターガイストですが、この記事で理解が深まったなら幸いです。
全体的にパーツも安価になってきているので、これを機に使い始めてみるのもおすすめです。

それでは、また、次回にお会いしましょう。