リミットレギュレーション

新制限(2019/7/1~)の転生炎獣を考える

前記事でも述べましたが、環境の3トップであった転生炎獣、オルフェゴール、サンダードラゴンは各々が重めの規制を受け、現在の構築指針を維持できないほどに根幹部分が破壊されました。
この記事では、規制の影響を考えつつ、新環境でも現実的な構築を模索したいと思います。

【駿河屋】遊戯王OCGデュエルモンスターズ 20th ANNIVERSARY DUELISTBOX
6,200円 (税込) 新品定価より ¥2,440 安い!!

規制内容

 

転生炎獣が規制を受けたのは初動に関する部分です。
1枚から展開を行えて、テーマ内のあらゆるカードにアクセスできた、デッキ内最大のパワーカードの「転生炎獣ガゼル」と、それにアクセスできた「レディ・デバッガー」がそれぞれ制限カードに指定されました。

それ以外の部分は完全に残っており、ガゼルへのアクセスにさえ成功すれば、従来通りサンライトウルフでガゼルを回収するリソース回しは健在であり、規制前と変わらぬ動きを実現することが可能です。

このように、一見すると、ガゼルへのアクセスが減少しただけに見えるので、その部分を補強すればまだまだ続投が可能なように見えます。
しかし、現実は厳しく、転生というデッキはその見た目よりも深刻なダメージを負っていると考えています。

そして、その問題の全てはガゼルの制限指定が原因と言っても過言ではありません。
次はガゼル制限の弊害を挙げていきます。

ガゼル制限によって引き起こされる弊害

ガゼルが制限であるということは、当たり前ですが2枚目以降のガゼルが採用できないということを指しますが、これが非常に大きな問題となります。
それはどういうことでしょうか?

炎陣のパワー低下

これまでの転生は動きに炎陣が絡んだ場合、サンライトウルフの効果で炎陣を回収し、後続を確保する、という動きが可能でした。
つまり、サンライトウルフのモンスター回収効果で灰流うららなどを回収しても、炎陣さえあれば攻め手が途切れることはありませんでした。

しかし、ガゼルが制限になった今、継続的な攻めを行うには毎ターンのガゼルの回収が必要になり、展開に縛りがかかるようになってしまいました。
これでは、うららを拾いながら展開を続行するといった攻守両面の動きは狙えません。
今後は攻めを継続する工夫が必要になりそうです。

動きが単純になり読まれやすくなる

ガゼルが制限になると、相手に動きを読まれやすくなります。
制限カードは一度位置を確認されてしまえば、そのゲーム中は常に存在をマークされてしまうからです。
特に、現状の転生炎獣はデッキパワーの大半がガゼルに依存しているので、その他の制限カードの比ではないマークをされると考えられます。

また、1枚しか存在しないという事実は、柔軟性を損ない、単純な動きを増やします。
以前までは相手ターン中にガゼルを特殊召喚し、墓地肥やしを行いつつ、次のターンに2枚目のガゼルを用いた展開を行うといった芸当が可能でしたが、ガゼルが制限ではこれもかないません。

妨害に弱くなる

動きの読まれやすさは妨害への脆さにも直結します。
前述の通り、現状の転生炎獣はデッキパワーの大半がガゼルに依存しているので、そこへの妨害を許すだけで、機能不全に陥ってしまいます。

特に致命的なのは、DDクロウやシャークキャノンといった墓地除外カードです。
これらが1度通るだけで甚大な被害を受けてしまうというのは、あまりにあっけないでしょう。

 

このように、ガゼルが制限になった影響は、ロングゲームを見越す転生炎獣には非常に大きなものとなっています。
これらは全てガゼルの制限によって引き起こされているため、仮にデバッガーへの規制がなかったとしても問題は解決されません。
そのため、1週回ってデバッガーの規制は転生炎獣とは関係ないと言えるかもしれません。
この記事でデバッガーに関して大きく取り上げていないのはそのためです。

現実的な対策を考える

とはいえ、規制の影響が激しいですが、レイジ、ロアーといった専用の罠カードは依然として強力であることから、それらを安定して運用していくことで環境に適応できる可能性は残っています。

従来の構築はガゼル偏重であり、転生ギミックを最低限しか採用しない誘発デッキとしての立ち回りでした。
しかし、今後はガゼルに頼らない構築にシフトしていくべきだと考えます。
それは、前述の通り、ガゼル偏重の構築はガゼル制限のダメージが大きすぎる割に、メタにも弱いからです。

その構築を実現するためにはガゼルへのアクセスを増やすのではなく、他のリソース源を確保することが重要になると考えています。
ここで注目したいのはフォクシーです。

フォクシーはガゼル以外で唯一(運が絡むとはいえ、)デッキから直接専用の罠に触れるカードであり、最大枚数採用しない意味はないでしょう。
デバッガーが減った分、召喚権を食い合わないのもありがたいですね。

さらに、フォクシーをフル投入するならば、ヒット率を上げるために、専用罠も従来より多めの採用が推奨されるでしょう。
また、弱めの展開を補強するために、神の宣告といった単体で強力なカードの採用も増えると考えています。

このように、前期の罠型のような構築が環境で使われる転生の主流な構築になるのではないかと考えられます。

終わりに

転生炎獣はかなり厳しい規制を受けましたがギリギリのところで持ちこたえる可能性があります。
今後も目が離せないテーマになりそうですね。

また、アニメでも引き続き活躍予定であり、まだまだ新規に期待できるテーマでもあります。
新弾でも、判明しているパイロフェニックスだけでなく、他のカードも収録されれば、新しい攻めの構築も見出せるかもしれません。
楽しみに待ちたいですね。

それでは、またお会いしましょう。

YU-GI-OH! OCG 20th ANNIVERSARY MONSTER ART BOX (愛蔵版 コミックス)予約