[遊戯王OCG]遊戯王最強デッキ・環境デッキランキング[2020年7月環境]

2020年7月環境

2020年7月環境が始まってから、およそ2か月が経とうとしています。

前期にあたる2020年4月環境はオフライン大会が行われなかったため、3か月という時間があったにもかかわらず、非常にメタゲームが停滞していましたが、今期は非常に健全なメタゲームが展開されています。

幾つかの有力候補の存在こそあるものの、圧倒的な一強デッキと呼べるほど突出したパワーを持つデッキは存在しておらず、健全にメタが回っているため、あらゆるデッキに環境へ参入する門戸が開かれているといえるでしょう。

多くのデッキが規制を受け、環境のパワーが引き下げられた結果、生まれたデフレ環境とも呼べる独特の感覚が感じられます。

本記事では、この環境における、現在のデッキの格付けを行っていきたいと思います。
多分に筆者の主観が混ざった環境評価となっているため、指摘、訂正のポイントが見つかった際は、コメントなどにてお知らせいただけると嬉しいです。

それでは参りましょう。

Aランク

トップメタであり、優勝を目指すなら無視できない存在です。
大会に参加する際は、予選段階で1度は対戦することを想定するべきデッキです。

召喚ドラグマ(↑)

11期に現れた新星「ドラグマ」と9期の無限リソース「召喚獣」の混合デッキがついにTier1に格上げとなりました。

7月頭こそ、前環境覇者「オルフェゴール」に数も入賞率も食われていた立場ではありましたが、環境と構築の研究が進むにつれ、次第に母数を拡大していき、ついにはシェア率トップを奪還、それに従って入賞率も上昇したことから、ランキングを1段階引き上げる運びとなりました。

1枚初動を複数持つこと、手札誘発を大量に採用できること、ギミック内で前後に妨害を構えられること、手札誘発に最低限の耐性があることなど、環境デッキとして重要な要素をいくつも持っています。

召喚ドラグマは単体で強いデッキというわけではなく、相対的に強いデッキ、という認識なので、今後、ドラグマがトップメタと認識された状態でどのようにメタに対応していくのかが注目のポイントといえるでしょう。

オルフェゴール(→)

度重なる規制を受けつつも、持ちこたえていた前環境王者ですが、ついにトップシェアの座を追われることとなりました。

1枚初動から生み出されるドラグーン+「オルフェゴール」ギミックの半無限リソース回しと大量の「指名者」シリーズは、依然として大半のデッキの追随を許さないパワーがありますが、前回の規制でドラグーンが相対的に弱体化してしまったことで、デッキの強みが少し失われつつあります。

「アーティファクト・ロンギヌス」の採用率が上昇しつつあるなど、向かい風が続いていますが、トップメタの座をキープし続けられるのかが気になるところです。

サンダードラゴン(→)

正統派ビートダウンデッキであり、環境の登竜門的存在です。

召喚ドラグマの所有する妨害手段にギミック勝負で有利であるだけでなく、「超雷」の定着でゲームを有利に進めることができます。

有利デッキである「召喚ドラグマ」の増加、不利デッキである「オルフェゴール」の減少が確認されているため、メタゲーム的な立ち位置ではいい位置につけているといえるでしょう。

サイドデッキの「融合解除」の採用率の多さがこのデッキの脅威度合いを物語っています。

Bランク

準トップメタです。

大会に参加するなら、1度は対戦する可能性があるので、最低限の意識は必要といえるでしょう。

オルターガイスト(↓)

前期は「リンクロス」を用いたロケットスタートを強みとしており、圧倒的なパワーとスピードを誇っていた罠ビートの王様でしたが、「リンクロス」を失ったことで明確に弱体化しました。

しかしながら、「リンクロス」を失ったものの、そのサクリファイス要素を「ワンダーワンド」「ルドラの魔導書」で補うアプローチが行われており、まだまだ研究が続いています。

「オルフェゴール」への優位性があることはデッキ選択の明確な理由になりえるでしょう。

Cランク

トップメタと勝負できなくはないが、明確に優位性があるとまではいえないデッキ。
中堅デッキ。
分布1は確実に見込める程度の強さ

閃刀姫(→)

「サンダードラゴン」「オルターガイスト」と並ぶ10期ビートダウンデッキの生き残り組であり、魔法カードを使ったゲームが得意としている柔軟性と長期戦でのアドバンテージ合戦に優れたデッキです。

「オルターガイスト」と同じく「オルフェゴール」に有利寄りであるという利点はありますが、「サンダードラゴン」への不利がつくため、明確に立ち位置がいいとまではいえず、入賞率も減少傾向にあります。

転生炎獣(↑)

スプラッシュメイジの採用によって再発見されたといえるデッキです。

従来通り「転生炎獣ガゼル」を中心とした展開、アドバンテージ合戦の他に、スプラッシュメイジを用いた新たな展開ルートを獲得したことで、取れるゲームプランに幅が生まれました。

研究が進めばトップメタに復帰できる可能性もあると考えています。

電脳界(↑)

PHRAでテーマ化され、既に複数回の上位入賞を飾っているデッキです。

ドラグマと並び、11期のテーマの中で継続的な環境入りが期待されるテーマですが、デッキの存在が認識されてしまったため、今後は自身へのメタに対応できるのかどうかに焦点をあてていきたいデッキです。

個人的には「原始生命態ニビル」や「アーティファクト・ロンギヌス」に弱そうなデッキだという認識なので、そういったメタを跳ね退けられるのかに注目しています。

Dランク

環境デッキ予備軍。

明確に環境に対する優位性を持たないものの、勝てないとまではいえないデッキ。
もしくはデータが少なく、評価が定まりきっていない有力候補デッキ。
可能性の獣。

ドラグマシャドール

「ドラグマ」と「シャドール」の混合デッキです。

「召喚獣」混ぜとは別の利点があり、またトップメタに対する優位が存在する可能性があると考えられるものの、データが少ないため、この位置です。

今後の結果次第ですが、ランクアップさせる可能性が高い注目デッキといえるでしょう。

魔術師

前後に妨害を構えられる、ギミックで妨害を超えていけるなど、デッキ自体に強みはあるものの、環境に無効系誘発や「サンダードラゴン」が増えたことが向かい風になっていると感じます。

環境の変化次第では有力候補に挙がってくるかもしれません。

エンディミオン

ビートダウンデッキ全般に強く、展開デッキ全般に不利という性質上、環境に顔を出してもおかしくはない、と考えているものの、一向に使用者が見当たらない悲しみと不思議のデッキです。

過去の実績がなければランク外になっていてもおかしくはありませんが、十分に活躍できるポテンシャルはあると言えるでしょう。

エルドリッチ

アドバンテージ獲得能力に優れるものの、サイドカード1枚で捲られるギミックの一貫性に難があるのか、ギミック自体の捲り能力の低さが祟っているのか、あまり安定した活躍は目立ちません。

直近で8-0優勝の報告もあるため、今後の活躍に期待しましょう。

コードトーカー

展開型と罠型が存在しており、最近は罠型の活躍が目立っている模様ですが、詳細が全くと言っていいほど分からないため、この位置に据え置きです。

新鮮な情報を求めているランキングではかなり上位に位置付けています。

十二獣

「獣王アルファ」「アーゼウス」といったギミックと親和性の高いカードを複数獲得したことが目立っている原因でしょうか?

個人的には、継続的に環境に残れるのかが最も疑わしいと考えているデッキです。
頑張ってこの評価を覆してもらいたいデッキでもあります。

 

まとめ

10期に猛威を振るったデッキの大半が規制されていてなお、それらが環境デッキに名を連ねており、残留組の地力の高さがうかがえます。

特に、Aランクに挙げた「召喚ドラグマ」「オルフェゴール」「サンダードラゴン」の3デッキは3強と呼んで差しつかえないほど、その他のデッキとシェア率、入賞率で差をつけています。

しかしながら、どのデッキも「強すぎる」というほどの支配力はないため、その他のデッキでも十分に入賞を目指すことはできるでしょう。

このデフレ環境が今後どのように変化していくのか、見守っていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました