[遊戯王OCG]環境デッキ・最強デッキランキング②[2020年7月環境]

2020年7月環境

2020年7月環境の2回目のデッキランキングになります。

メタゲーム分析と、その結果から現存する環境デッキのランキング付けを行っていきたいと思います。
今回は前回の記事からの2週間ほどの環境の変化の様子を元にメタゲームリポート、及びデッキランキングを作成していきます。

メタゲームリポート(2020年7月環境その2)

前回の記事で、「召喚ドラグマ」が、「オルフェゴール」を引きずり落とし、環境トップデッキに躍り出ました。
その後も、「召喚ドラグマ」は着実に数を増やしながら入賞を重ね、環境トップの座を明確に我がものとします。

召喚ドラグマが環境トップであることが明確になったため、その他のデッキでは「召喚ドラグマ」を意識したカードの採用・構築が行われるようになっていきました。

最も代表的なものは、各デッキのサイドデッキやエクストラデッキに「中生代化石騎士 スカルナイト」や「旧神ヌトス」のようなエクストラデッキから墓地に落とすことを前提として運用するカードが採用されていることでしょう。

「ドラグマ」デッキの最大値を引き出すのが「教導の大神祇官」のエクストラからの墓地肥やしであるため、それを使うことがリスクとなるようなカード採択が行われるようになっています。

これに対して、「ドラグマ」側が取った対策は、驚いたことに「特別な対策をしない」ことでした。

「教導の大神祇官」の効果成立で真っ先にアドバンテージを獲得できるのは「召喚ドラグマ」側であり有利であること。
不都合が想定される場合には「教導の大神祇官」を使用しないというケアが行えるため、優位性は「召喚ドラグマ」側が保持していること。

これらの要素から、エクストラデッキから対策を行われたとしても優位性は「召喚ドラグマ」にあり、プレイでダメージを抑えられたことが大きいでしょう。
ここでも「召喚ドラグマ」はメタを跳ね退け、環境トップとしての格を見せつけます。

しかしながら、この強行突破に待ったをかけるデッキが現れました。
「ドラグマシャドール」の登場です。

「ドラグマシャドール」は明確に「召喚ドラグマ」へのカウンターデッキとして用意されたデッキであり、「教導の大神祇官」の使用にリスクを負わせるというコンセプトが見て取れます。
流石に、このデッキに対して「教導の大神祇官」を扱うことのリスクは相当なものであり、実質的に「召喚ドラグマ」のデッキパワーを落とすことに成功した構築であるといえます。

こうして「ドラグマシャドール」が一躍環境に食い込んだのが1週間前のこと。
このまま、快進撃が続くかと思われましたが、翌週には「次元障壁」「応戦するG」といった「ドラグマシャドール」へのメタカードが大量に採用された構築が関東方面で多く入賞を達成しました。

このように、環境の最前線では凄まじい速度と精度でメタゲームが上書きされ続けています。

「シャドール」を筆頭に融合デッキへのガードが上がったためか、今週は特に「次元障壁」のようなメタを受けないリンク展開を主体としたデッキの入賞率が高めであったように感じます。
また、各種を対策を重く受けず、逆に対策を取り込みやすかった「召喚ドラグマ」も変わらず環境に残り続けています。

今環境はこれほど煮詰められたにも関わらず、圧倒的1強と呼べるほどの暴力的なデッキもなく、様々なデッキが各自の思惑で様々なギミックを取り込んでおり、更なるメタゲームの変化が起こり続ける非常にまれに見る健全な環境といえるでしょう。

残り、数週間の環境ですが、この環境の行きつく先がどこなのか、楽しみにしていきたいですね。

環境デッキランキング

環境に存在するデッキを管理人が独断と偏見と分析の下、環境に存在するデッキをランク付けしていくコーナーです。

来週にはこの勢力図も塗り替えられてしまう可能性はあるため、あくまでも大会に参加する際の指標や参考程度にするのが良いでしょう。

Aランク(大会での優勝を狙う際の第一候補)

召喚ドラグマ(→)

Bランク(大会で上位入賞を狙う際に候補となるデッキ)

オルフェゴール(↓)

サンダードラゴン(↓)

ドラグマシャドール(New!)

Cランク(大会で使用する意義があるが何らかの課題があるデッキ)

オルターガイスト(↓)

閃刀姫(→)

プランキッズ(New!)

Dランク(大会に持ち込むことを考えられるデッキ)

転生炎獣(→)

エルドリッチ(→)

コードトーカー(→)

十二獣(→)

 

まとめ

「召喚ドラグマ」にその他デッキが押し下げられる結果となっていますが、ランク毎に際立った差はありません。
来週にでも変化が起こり得るため、今後も研究しがいのある環境と言えそうですね。

次回は、制限改訂に前後してランキングを更新していく予定です。
ざっくりとでも環境を把握したいという方は是非、また来てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました